TEAM
チーム紹介

 

1929年創部から専門校リーグに加盟し活発な活動を続けたが、1943年戦争の激烈化に伴い休部、戦後、1950年関東大学新連盟発足により新連盟に所属した。その後、1966年関東大学連盟(新旧合体)に加盟、長く2部リーグに位置したが、1983年よりスポーツ入試(各学部)により、選手の補強を開始。1988年には全日本学生選手権準優勝を果たす。1999年から3年連続の関東大学選手権優勝、2000年、2001年2年連続関東大学リーグ戦(1部)優勝。また、2000年度には、「関東学生選手権」「関東大学リーグ戦」「全日本学生選手権」の3大会で優勝し、三冠を達成した。その後も2005年度関東大学リーグ戦優勝、全日本学生選手権準優勝し、2007年度には関東大学リーグ戦優勝と7年ぶりの全日本学生選手権優勝の栄冠を勝ち取った。
2010年度、2011年度は学生のすべての大会に優勝し、2年連続4冠(関東大学選手権大会、関東大学新人戦、関東大学リーグ戦、全日本大学選手権大会)を達成した。また、毎年正月開催のオールジャパンでは4年連続JBL(現BリーグのB1)チームに善戦している。2012年度にはオールジャパンでJBLレバンガ北海道に勝利しベスト8に進出、2013年度は関東大学選手権4連覇を果たす。そして2019年度関東大学リーグ戦において混戦の中で数年ぶりの準優勝を遂げた。
関東大学リーグ1・2部の中でも最少部員数ではあるが、少数精鋭で豊富な練習量を誇り、OB会の積極的な応援とスタッフの充実により、常に日本一を目指す。練習環境は、青山キャンパス記念館(観客収容2500名)のほか、相模原キャンパスにアリーナとジムナジウム(小体育館)を備える。2003年4月に相模原キャンパス開学と同時に完成したアリーナは、観客2000名収容の高機能ホール。


施設紹介

相模原キャンパスH棟ジムナジウム

主に相模原での練習用として使用。バスケットボールコート1面の専用フロアーで、練習施設としては集中力も増す。また、トレーナールームがフロアー隣りにあり、2階にはフィットネスセンターが設置され効率よく練習ができる。 冷暖房完備。


相模原キャンパスA棟アリーナ

2003年4月完成。アメリカの大学バスケットボールホームコートをイメージして建設された。コートのすぐそばまで可動席がせり出し、センターサークルにはマスコットのイーゴが描かれている。観客席2000席。冷暖房完備。


相模原キャンパスフィットネスセンター 

相模原キャンパスH棟2階にフリーウェイト、マシン、有酸素運動用のフィットネス器具も取り揃えるセンター。専門スタッフも常駐しアスリートを完全サポート。 

相模原キャンパストレーナールーム

相模原キャンパスH棟1階。練習前のテーピング、リハビリテーション、怪我の治療に専門トレーナーが選手をサポートしている。スポーツ整形ドクターとの連携も充実し、大学スポーツ界でこれだけのスタッフと施設を整えているチームは数少ない。


青山学院記念館

東京オリンピック開催の1964年に完成。バスケットボールコート3面のフロアーと、観客席は2500名収容。関東大学リーグ戦その他の国内公式試合や、かつてはアメリカのNCAAの公式リーグ戦も行われた。


青山キャンパストレーニングジム

記念館地下に設置のトレーニングジム。豊富に揃えられている各マシン施設とフィットネス器具により、選手のリハビリテーション等にも有効に利用されている。 


過去の成績
年度関東大学選手権関東大学新人戦関東大学リーグ戦全日本学生選手権
19846位ベスト162部2位8位
1985
4位ベスト161部6位ベスト16
19867位6位1部5位ベスト16
1987
4位5位1部3位4位
19885位4位1部5位準優勝
19895位準優勝1部7位ベスト16
19904位4位1部6位ベスト16
1991
ベスト164位1部6位ベスト16
1992ベスト16ベスト161部8位ベスト32
1993ベスト16ベスト162部3位ベスト16
1994ベスト16優勝2部2位ベスト16
1995ベスト16準優勝2部優勝ベスト16
1996準優勝3位1部2位8位
19974位準優勝1部3位ベスト16
19984位優勝1部3位3位
1999優勝優勝1部2位ベスト16
2000優勝準優勝1部優勝優勝
年度関東大学選手権関東大学新人戦関東大学リーグ戦全日本学生選手権
2001優勝3位1部優勝ベスト16
2002ベスト32準優勝1部8位4位
2003ベスト16優勝2部3位ベスト16
2004準優勝ベスト322部A2位(1部昇格)8位
20055位準優勝1部優勝準優勝
20063位優勝1部4位4位
2007ベスト323位1部優勝優勝
2008優勝準優勝1部優勝3位
2009
3位優勝1部3位3位
2010優勝優勝1部優勝優勝
2011優勝優勝1部優勝優勝
2012優勝3位1部優勝準優勝
2013優勝準優勝1部準優勝3位
20144位3位1部準優勝ベスト16
201510位5位1部4位4位
年度関東大学選手権関東大学新人戦関東大学リーグ戦全日本学生選手権
20168位優勝1部6位5位
20179位6位1部4位6位
20188位4位1部5位5位
2019ベスト167位1部準優勝ベスト8
2020中止中止1部7位1部7位
2021ベスト16ベスト161部10位一回戦敗退
2022ベスト16 ベスト16

*2020年度関東大学選手権、関東大学新人戦は新型コロナウイルスの影響を受け中止


主なOBの選手

☆B1リーグ

【レバンガ北海道】

 ・橋本 竜馬(PG/178)

 ・ナナー ダニエル 弾(PF/199)


【仙台89ERS】

 ・小林 遥太(PG/178)


【秋田ノーザンハピネッツ】  

 ・伊藤 駿(PG/174)


【宇都宮ブレックス】

 ・渡辺 裕規(PG/180)

 ・比江島 慎(SG/191)

 ・笠井 康平(PG/175)

 ・鵤 誠司(PG/185)


【群馬クレインサンダーズ】

 ・野本 建吾(SF/201)


【千葉ジェッツ】

 ・荒尾 岳(PF/198)


【アルバルク東京】

 ・安藤周人(SG/190)


【川崎ブレイブサンダース】

 ・前田 悟(SG/192)

 ・納見 悠仁(PG/181)


【横浜ビー・コルセアーズ】

 ・赤穂 雷太(SG/196)


【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

 ・張本 天傑(SF/198)


【滋賀レイクスターズ】

 ・柏倉 哲平(PG/180)


【広島ドラゴンフライズ】

 ・辻 直人(SG/185)

 ・船生 誠也(SF/195)



☆B2リーグ

【青森ワッツ】

 ・福田 真生(SF/193)


【山形ワイヴァンズ】

 ・高橋 浩平(PF/198)


【越谷アルファーズ】

 ・畠山 俊樹(PG/170)


【アルティーリ千葉】

 ・岡田 優介(SG/185)

 ・大崎 裕太(PG/177)

 ・木田 貴明(SF/188)


【ライジングゼファー福岡】

 ・永吉 佑也(PF/198)


【長崎ヴェルカ】

 ・ウィタカ ケンタ(PF/202)


アクセス
青山学院大学相模原キャンパス
神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
青山学院大学青山キャンパス
東京都渋谷区渋谷4-4-25